〒810-0074 福岡市中央区大手門1-7-18-901
電話092(406)2036 FAX092(406)2093
メール bouyousha@gmail.com
画・甲斐大策

HOME

海の上の建築革命

近代の相克が生んだ超技師(スーパーエンジニア)の未来都市〈軍艦島〉
中村享一(なかむら・きょういち)
ISBN978-4-907902-25-4
本体:2400円+税 *四六判上製/288ページ  ご注文はコチラ

あの時代に、誰がこんな建築を? 巨匠コルビュジエの提唱を10年も遡る大正初期に誕生した 海の上のモダニズム建築の謎に迫る、もう一つの日本近代建築史。 日本最古の鉄筋コンクリートマンション「30号棟」を擁する 世界遺産〈軍艦島〉はなぜ生まれたのか? 近代三菱の鉱業・造船・土木・建築を リードしたエンジニアたちが、 台風・疫病・労働問題といった課題に直面しながら、 洋上の孤島を埋め尽くす高層建築群を 生み出していくまでの知られざる歴史を描く…

九州の100冊

西日本新聞「九州の100冊」取材班[著]/公益財団法人九州文化協会[編・発行]/忘羊社[発売] ISBN978-4-907902-23-0
本体:1800円+税 *A5判並製/256ページ  ご注文はコチラ

時代の熱が立ち上がる! 村上龍『69』から松本清張『点と線』、土門拳『筑豊のこどもたち』、 林芙美子『浮雲』、森鷗外『阿部一族』、夢野久作『ドグラ・マグラ』、 宮崎康平『まぼろしの邪馬台国』、石牟礼道子『苦海浄土』、 遠藤周作『沈黙』、佐木隆三『復讐するは我にあり』、 内田春菊『ファザーファッカー』、一ノ瀬泰造『地雷を踏んだらサヨウナラ』、 梶原一騎『巨人の星』、長谷川町子『サザエさん』・・・。 明治からゼロ年代まで、 九州・沖縄を代表…

小説って何だ 

九州芸術祭文学賞五十周年記念最優秀作品集 1970〜2019
公益財団法人九州文化協会[編・発行]/忘羊社[発売] ISBN978-4-907902-24-7
本体:3500円+税 *A5判上製/832ページ  ご注文はコチラ

1970(昭和45)年に誕生し、今年で50回目を迎える地方文学賞の最優秀作品集。 芥川賞とのW受賞を果たした目取真俊「水滴」(第27回)をはじめ、 帚木蓬生「頭蓋に立つ旗」(第5回)、村田喜代子「水中の声」(第7回)、 又吉栄喜「ジョージが射殺した猪」(第8回)、 大道珠貴「裸」(第27回)、小山内恵美子「おっぱい貝」(第42回)、 佐藤モニカ「カーディガン」(第45回/のち山之口貘賞ほか)など、計39篇を収録! [目次] 「白い切り紙…

八十歳、少しめでたい。

鮫島芳子 ISBN978-4-907902-22-3
本体:1600円+税 *A5判並製/144ページ(オールカラー)  ご注文はコチラ

育児、家事、息子の死、夫の看取り、原因不明の不調……。目の回るような歳月を乗り越え八十歳を迎えたひとりの主婦が、畑仕事から食、半ば独学で修めた手描き染め、詩歌俳句に創作童話まで、四季折々の自然と共に新たな人生を送る日々を綴ったエッセイ&作品集。 【目次】 小さな畑のあるくらし   土が教えてくれたこと   野草を楽しむ   気楽に作り、楽しく食べる    八宝菜/白和え/酢人参/夏バテに山椒粉を    野菜バーグ/味噌のふしぎな力 わた…

暗黒との対話

精神鑑定事例集
大曲 清 ISBN978-4-907902-20-9
本体:4500円+税 *A5判上製/568ページ  ご注文はコチラ

〈対話〉と〈観察〉が 犯罪のメタファーを解く――。 社会を騒然とさせた平成・北部九州の 重大事件を手がけてきた専門医による精神鑑定集。 数ヶ月におよぶ被疑者との粘り強い「対話」と 詳細な観察記録の中から、 犯罪に至るまでの複雑な生い立ちや人間関係の破綻、 内面の葛藤を明らかにし、 現行の医療観察法や措置入院制度、 精神保健福祉法の問題点にも言及した労作。 精神医療・犯罪心理学のリアルなドキュメント! 【目次】 ・ツーショットダイヤル・ス…

AFTER THE GONG

「今」を生きるアマチュアボクサーたちの肖像
高尾啓介 ISBN978-4-907902-21-6
本体:3000円+税 *B5判並製・小口折/168ページ  ご注文はコチラ

金も名声も求めず、がむしゃらに挑んだ アマチュアボクシングの日々。 逃げ出したいときもあった――。 ボクサーたちは今、会社員、経営者、ドクター、 アーティスト、あるいは指導者、プロボクサーとなって その後の人生をひたむきに歩み続ける。 拳を交えた強敵も、今はかけがえのない友となった。      * 1982年(昭和57年)から37年にわたって アマチュアボクシングの熱気と感動、 そして選手たちの人生そのものを 追い続けてきた写真家の ラ…

日本を愛した人類学者

エンブリー夫妻の日米戦争
田中一彦 ISBN978-4-907902-19-3
本体:2200円+税 *四六判並製/352ページ  ご注文はコチラ

第31回地方出版文化賞・功労賞『忘れられた人類学者』待望の続編 1935年から1年間、熊本の小村・須恵村に滞在し、 外国人として戦前唯一の日本農村研究書を著した アメリカの社会人類学者とその妻。 開戦前、いち早く象徴としての天皇に言及、 『菊と刀』に代表される“好戦的な日本人”論に異議を唱えつつ、 日系人強制収容所の待遇改善を訴え、 戦後はFBIによる監視下も傲慢な占領政策を戒め続けた 俊英の思想とその悲劇的な死までを描く労作。 *ジョ…

大航海時代の日本美術

九州国立博物館・編
本体:2037円+税  ご注文はコチラ

◎九州国立博物館特別展「新・桃山展」公式図録! 鉄砲伝来から鎖国完成までの100年間に 日本が世界と繰り広げた交流の歴史を、 桃山時代の絢爛たる美術作品とともに紹介する 九州国立博物館特別展『新・桃山展』公式図録。 信長・秀吉・家康らが愛した狩野永徳や 長谷川等伯らの代表作から、 渡来人の来航を描いた南蛮屏風、 ジャパン・アヴァンギャルドの象徴であるオリベ茶碗、 さらにはキリシタン絵師が描いた初期洋風画や、 当時海外で制作された幻の「ビ…

【現在在庫切れ】釜ヶ崎

写真・中牟田雅央(なかむた・まさひろ)
本体:2300円+税  ご注文はコチラ

戦後ニッポンの繁栄を支えた 労働者の街、大阪・釜ヶ崎。 国内最大の“寄せ場”が放つ 強烈な磁場にひかれ、 街に移り住んだ写真家が、 15年以上にわたって活写した ディープタウンの光と影。 ◎判型:B5判並製96ページ ◎ISBN978-4-907902-17-9 [写真]写真・中牟田雅央(なかむた・まさひろ)…… 1979年福岡県生まれ。1998年大阪に転居、1999年より写真スタジオでアシスタントとして働きカメラの基礎知識を学ぶ。その…

忘れられた人類学者(ジャパノロジスト)

エンブリー夫妻が見た〈日本の村〉
田中一彦
本体:2000円+税 *四六判並製/320ページ  ご注文はコチラ

アメリカから来た若き俊英とその妻が 農耕から子育て、祭り、宴会、性、近代化まで、 感動と共に記録した戦前のニッポン――。 戦時色濃き1935年(昭和10)、熊本で最も小さな農村、 須恵村にやってきた社会人類学者ジョン・エンブリー一家。 戦前唯一の日本農村研究書を著し、ベネディクトの『菊と刀』や GHQの戦後改革にも多大な影響を及ぼしたエンブリーとその妻エラが、 共感をもって洞察した〈協同〉社会の精神を未来に向けて問い直す。 *ジョン・エ…

1 2 3