〒810-0074 福岡市中央区大手門1-7-18-901
電話092(406)2036 FAX092(406)2093
メール bouyousha@gmail.com
画・甲斐大策

戦国大名 九州の群雄とアジアの波涛

九州国立博物館開館10周年記念図録
九州国立博物館・編
本体:2037円+税

大友、毛利、大内、
島津、鍋島、松浦、宗、
龍造寺、立花、黒田、加藤――
九州の〈戦国史〉をいま、アジアの視点で。


国際都市・豊後府内を拠点に、
活発な貿易によって隆盛を極めた大友氏をはじめ、
大友氏にかわって九州市の太守へと成長した島津氏、
西中国の覇者として信長、秀吉と対峙した毛利氏、
海の武士団を統べた松浦氏、日朝の間でゆれた対馬・宗氏、
大友支配下の豪将として知られた戸次、高橋、立花氏など、
乱世を駆け抜けた群雄とゆかりの名品をオールカラーで紹介。

【目次】
第1章 大友宗麟の栄光と挫折

第2章 戦国九州を疾駆した大名たち

第3章 九州の大名とアジアの海

◉巻頭講座 戦国大名 九州の群雄とアジアの波涛  荒木和憲 
◉特別解説 「豊臣大名」とはなにか 中野 等
◉特別寄稿 九州の戦国大名と東アジア 佐伯弘次

【コラム】
大友宗麟の国際性 鹿毛敏夫
「倭寇図巻」の図像学 須田牧子
貿易都市の考古学 岸本 圭 
異国への憧れ――桃山の南蛮美術 川畑憲子 
「戦国大名」と「戦国時代」 荒木和憲
 
戦国大名の肖像画賛 一瀬 智 
「きんちやう」――中世武家社会における金の音と誓約の作法 望月規史 
戦国大名の外交文書 伊藤幸司 
西国大名と九州・山口の陶磁 酒井田千明

シェア