〒810-0074 福岡市中央区大手門1-7-18-901
電話092(406)2036 FAX092(406)2093
メール bouyousha@gmail.com
画・甲斐大策

2020年3月近刊のお知らせ 『小説って何だ 九州芸術祭文学賞五十周年記念最優秀作品集 1970〜2019』を刊行します

1970(昭和45)年に誕生し、
今年で50回目を迎える地方文学賞の最優秀作品集。
芥川賞とのW受賞を果たした目取真俊「水滴」(第27回)をはじめ、
帚木蓬生「頭蓋に立つ旗」(第5回)、
村田喜代子「水中の声」(第7回/のち芥川賞)、
又吉栄喜「ジョージが射殺した猪」(第8回/のち芥川賞)、
大道珠貴「裸」(第27回)、小山内恵美子「おっぱい貝」(第42回)、
佐藤モニカ「カーディガン」(第45回/のち山之口貘賞)など、計39篇を収録!

本体:3500円+税 *A5判上製/832ページ
公益財団法人九州文化協会[編・発行]/
忘羊社[発売]
装幀:尾中俊介(calamari Inc.)

[目次]
「白い切り紙」山田とし (第1回最優秀作/1970年度)
「オープン・セサミ」森田定治 (第2回)
「巨人の城」松原伊佐子 (第3回)
「遠い日の墓標」小郷穆子 (第4回)
「黎明の河口」きだたかし (第5回)
「頭蓋に立つ旗」帚木蓬生 (第6回)
「水中の声」村田喜代子 (第7回)
「ジョージが射殺した猪」又吉栄喜 (第8回)
「賄賂」佐藤光子 (第9回)
「秋蟬の村」西谷 洋 (第11回)
「黄色いハイビスカス」蔵原惟和 (第12回)
「黍の葉揺れやまず」青崎庚次 (第15回)
「鼻の周辺」風見 治 (第17回)
「雪迎え」岩森道子 (第18回)
「水上往還」崎山多美 (第19回)
「犬盗人」仲若直子 (第20回)
「斜坑」野島 誠 (第21回)
「スク鳴り」中村喬次 (第22回)
「神楽舞いの後で」鶴ヶ野 勉 (第23回)
「ヒロの詩」阿部 忍 (第24回)
「フユ婆の月」吉井惠璃子 (第25回)
「静かの海」田崎弘章 (第26回)
「水滴」目取真 俊 (第27回)
「妖魔」崎山麻夫 (第28回)
「裸」大道珠貴 (第30回)
「モモに憑かれて」吉永尚子 (第33回)
「糸」上原 輪 (第34回)
「ナビゲーター」芝 夏子 (第37回)
「ダンス」小石丸佳代 (第38回)
「黒い顔」近藤勲公 (第39回)
「苔やはらかに。」伊藤香織 (第40回)
「サウナ ニュー・ナカノシマ」中瀬誠人 (第41回)
「おっぱい貝」小山内恵美子 (第42回)
「出航まで」平野 宏 (第44回)
「カーディガン」佐藤モニカ (第45回)
「黒い湿った土のにおい」野見山潔子 (第46回)
「酒のかなたへ」尾形牛馬 (第47回)
「兎」平田健太郎 (第49回)
「終わらないジェンガ」日巻寿夫 (第50回/2019年度)
※受賞該当作なしの年度もあります。

シェア